LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

S2D検証レポートを公開しました。

S2Dのリファレンスアーキテクチャと検証レポート

Windows Server 2016の新機能といえばS2Dを目玉に挙げることが多いです。

数字が真ん中に入る略語だとi18nのようなものを思い浮かべますが、S○○Dというわけではありません・・。Storage Spaces Directはそのまま略すとSSDなのですが、S2Dです。今の時代SSDといえば Solid State Disk ですし。

Storage Spaces Directの訳し方ですが、ストレージ記憶域スペースと今はなっていますが、筆者の好みはS2Dです。今日はその中でLenovoの取り組みをご紹介します。

S2DリファレンスアーキテクチャのLenovo Press

LenovoはWorld WideではLenovo Pressにてリファレンスアーキテクチャを提供しています。その中ではPowerShellを使いこなして作るS2Dの構築方法等が書いてあるので

何も考えなければこのガイドを見ながら作成すればS2Dの環境が作れます。

lenovopress.com

 

こんな構成です。サーバー内のStorageをpoolして、CSV(Cluster Shared Volume)を切り出し、Virtual Diskを構成します。

f:id:ko_sakamaki:20170321112303p:plain

 

推奨構成としては、SSDもついてますしRDMA対応NICのMellanox ConnectX-4もついています。Chelsio社のNICに関してもコメントが最近はいったようです。iWARPやRoCEの機能を使う事でのベンチマーク結果は色々なところで上がっていますが、やはり使うなら使った方がいいですね。

S2D検証レポートの公開

ただし、英語で作られているガイドですので、ちょっと日本語だと はまるところがあります。多くのところがPowerShellのほうが融通が利くようになっています。“ローカルエリア接続” !? “ネットワーク接続” !?というところもあるので、変えられるところは2バイトから変更することがいいかもしれません。 

 

日本語対応もそうですが、国内でLenovoサーバーで作ってもらった検証レポートを公開します。かなり細かいデータを取っていますので是非是非参考にしてください。

 

※下記の中段にあります

Windows Server 2016新機能 「記憶域スペースダイレクト」実機検証結果レポート

http://www.lenovojp.com/business/solution/055/

 

一例の紹介ですが、運用中にディスク交換をするタイミングでのパフォーマンス検証を行いました。3方向ミラーでの構成をしていまして、その環境で1ノードのディスクを3本取り外します。ディスク復旧時には若干のパフォーマンス低下がありますが、徐々に障害前のスループットに復帰していきます。

 

f:id:ko_sakamaki:20170324135627p:plain

 

S2Dは今後Azure Stack等でもベースとなってくる技術ですし、軽くHCI構成を作る選択肢としてもありですね。