LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

ThinkAgile VXのご紹介

皆さん、こんにちは

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 小宮です。

 

本日は12月13日にリリースされたThinkAgileVXシリーズのご紹介を行います。

ThinkAgileVXはレノボが提供するvSANのアプライアンスになります。

しかしながら、今までレノボで取り扱っていたvSAN ReadyNodesがございますが、そちらとの違いも含めて今回は解説していきたいと思います。

 

・vSAN ReadyNodesとThinkAgileVXとの違いについて

以下のイメージでわかりやすく説明します。vSAN ReadyNodesThinkAgileVXの大きな違いは次の点です。

f:id:t_komiya:20171217220605p:plain

vSAN ReadyNodesとの違いをマトリックス化 

f:id:t_komiya:20171217222610p:plain

①構成面

 vSAN ReadyNodesはVMware社で検証された構成になります。そのため現状は20数通りの構成しか存在しておらず、逆にThinkAgileVXはレノボにて検証された構成のため、CPU/メモリ/SSD/HDDの構成が柔軟で数千通りも構成が可能になっている。
 もちろん、vSAN ReadyNodesにおいてもBuild Your Own vSANで構成を変えることも可能ですが、パフォーマンスを落とす構成にもなりうることもあり注意が必要です。

②システム導入

 インストールについてですが、vSAN ReadyNodesはハードウェアを購入し納品後にインストール致します。そのため、お客様が利用するまでにはSIerの導入が必要となりますが、ThinkAgileVXはお客様納品前にインストールを実施するため、お客様納品後はラッキング・ケーブリング後にすぐvSAN環境は利用可能になります。まさにAgileという意味の通り俊敏性を追求した製品となります。f:id:t_komiya:20171217230218p:plain

③管理ソフトウェア

 レノボのハードウェア管理を行うXClarityThinkAgileVXシリーズではインストール済みで納品されます。vSAN ReadyNodesにおいても別購入でインストール可能。

 XClarityをについてはファームウェア管理・ハードウェア監視ができてだけでなく、エディションによっては、ProactiveHA(vSphereのEnterprise Plusに含まれる機能)と同等の機能が利用可能になり、ハードウェアの障害から仮想マシンを停止せずマイグレーションを実施することができます。

f:id:t_komiya:20171217230916p:plain

④サポート

 ThinkAgileVXシリーズはハードウェア・ソフトウェア(ESXi)をレノボで一括保守(ThinkAgile Advantage)致します。vSAN ReadyNodesについては、ハードウェア・ソフトウェアを別で購入できるというメリットもありますが、切り分けを行う場合に異なる問い合わせ先になることもあります。

 

・ThinkAgileVXシリーズのラインナップ紹介

f:id:t_komiya:20171217231359p:plain

 上記が発表されているラインナップになります。現状は3タイプ(中の構成は柔軟に組めます)のみですが、来年以降にラインナップが追加する予定になります。

 型番はThinkAgileHXシリーズと同様になりますが、構成はHXとは異なります。

 CPUについては1CPU/2CPUの選択、SSD/HDDについてもスロットをすべて埋める必要はなく、1SSD+4HDDのような1つのDisk Groupのみの構成を組みことも可能です。

 これによりスケールアップな増設にも対応できますが、もちろんパーツ供給期間のみでしか対応はできないため、可能であればCPUやSSD/HDDについてはフルスロット購入した方が良いと思います。

 また、ThinkAgileVXシリーズは10Gbのネットワークインタフェースカードが必須になります。1Gbのインタフェースが必要なお客様は10GBase-Tのインタフェースを搭載した構成で購入することをお薦め致します。

f:id:t_komiya:20171217235813p:plain

 

・ThinkAgileHXとThinkAgileVXとの違いについて

多くのお客様がレノボが提供するHCIでNutanixとVMwareと2種類あるが、その違いは何かという質問を受けることがあります。単純ではありますが、以下に記載します。

f:id:t_komiya:20171217232952p:plain

Nutanix(ThinkAgileHX)については、多種のハイパーバイザーのサポートや様々な環境向けに提供するプラットフォームですが、ThinkAgileVXについては既存VMwareのお客様でVMwareをそのまま利用されるお客様を対象にvSAN環境を提案していきます。

レノボは2つのプラットフォームを差別化することはなく、お客様にフィットするHCI環境をThinkAgileシリーズでご提供致します。

 

今後もレノボのThinkAgileシリーズを宜しくお願い致します。