LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

vSANアプライアンスの比較

皆さん、こんにちは

 

本日はハードウェア各社が販売しているvSANアプライアンスについて比較してみました。詳細な資料はないため、インターネット上の資料(詳細のURLの本記事の最後に記載)から参考にさせて頂いております。現時点(2018/01/27)での情報であるため、あらかじめご了承ください、

  

 

・各社のvSANアプライアンスの一覧(2018年1月27日現在)

f:id:t_komiya:20180127210908p:plain

現状は外資系で2社、日系で2社が発表しております。

富士通・NECに関してはLenovo/DELL EMCと比べてサーバが1世代前のモデルになっていることから、今後のラインナップに期待されるところがあります。また国内の工場でインストレーションしてからお客様へ出荷します。

それ以外で特徴な点は以下に記載します。

 

・Fujitsu 「PRIMEFLEX for VMware vSAN」の特徴

こちらの特徴は何と言っても管理ソフトウェアのServerView Infrastructure Manager for PRIMEFLEXになります。UIも非常に見やすく吸気温度や消費電力を可視化でき他社のシステムも監視できるとのことです。(どこまでできるのかは不明)

専用のUIからローリングアップグレードの連携もできるのは非常に便利であると思われますが、この機能を実現するにあたりvSphere Enterprise Plusのライセンスが必須になると考えるため、vSphere Standard Editionでの提供はあるのかどうか不明です。

 

 

・NEC「Hyper Converged System」の特徴

こちらの特徴については、富士通と同じ管理ソフトウェアになります。WebSAMを利用した統合管理画面になっています。また独自のバックアップウェアを提供することで重複排除機能を有した容量削減するバックアップを提供できるとのことです。その他仮想化アセスメントサービスやZertoを利用した既存環境のマイグレーションなどがあるため、既存顧客には非常にやさしい内容が盛り込まれていると思われます。

 

上記2社はどちらかというとvSANアプライアンスを利用するにあたりお客様により良いサービスを提供しているように思えます。

 

外資系のLenovoのThinkAgile VXとDELL EMCのVxRailについては、上記2社よりも様々な点で比較していきたいと思います。

 

・ThinkAgileVXとVxRailとの比較

1.ハードウェアレベルでの比較

ハードウェアスペックから見た違いを以下に掲載します。

f:id:t_komiya:20180127234109p:plainf:id:t_komiya:20180128000232p:plainf:id:t_komiya:20180127234933p:plain

・ラインナップについて

まだリリースして間もないThinkAgileVXはGPUモデルと2U4Nモデルがありません。しかしながら、VxRailのGシリーズも以前のモデルでもあり、現時点ではラックモデルのみのラインナップになります。こちらについては今後のラインアップ追加が予定されているため大きな差にならないところになります。詳細は(3/3)をご参照ください。

・HDD/SSDの容量について

容量について比較してみると、ThinkAgileVXの方がVxRailに比べて提供されている容量がHDD/SSDともに大容量がございます。詳細は(1/3)をご参照ください。

・CPUについて

ThinkAgileVXの方が周波数の範囲が広いことから、おそらく選定しているCPUの数多くなっていると思われます。詳細は(1/3)をご参照ください。

・HDD/SSDの本数について

キャパシティモデルのThinkAgileVX5520シリーズとVxRailのSシリーズと比較すると費用可能なディスク数でVxRailの方が多くなっているが、逆にThinkAgileVX7520とVxRailのPシリーズを比較するとThinkAgileVX7520の方が多いことが分かる。詳細は(2/3)をご参照ください。

・NICについて

ThinkAgileVXは10G標準モデルからのラインナップであることから1Gb NIC搭載モデルが存在しません。VxRailについては最新モデルでは10Gb のみのモデルがリリースされているため10Gb NICのみであるが、それ以前のモデルは1Gb NICのモデルがあります。そのため、ハイパーバイザーをインストールする際に、1Gと10Gの混在が発生してしまうため構成するにあたり注意が必要となります。(最新モデルでは問題なし)

詳細は(2/3)をご参照ください。

 

2.ソフトウェアレベルでの比較

ThinkAgile VXもVxRailも共通でインストールされるコンポーネントは以下になります。

  • VMware vCenter Server
  • vSphere ESXi
  • vSAN (software-defined storage)

ThinkAgileについては、これに加え管理ソフトウェアとしてXClarity Proが追加されます。

  • XClarity Pro

一方VxRailについては、上記のコンポーネント以外に追加されるコンポーネントは以下になります。

  • VxRail Manager(管理ソフトウェア)
  • vRealize Log Insight(ログ管理、分析)
  • RecoverPoint for VMware—5 VM licenses per node(バックアップ)

VxRail Managerでハードウェアの管理やファームウェアの管理を行いますが、ThinkAgileVXについてもXClarity Proで同様な機能はほぼ実現可能です。

Fujitsu社のようなローリングアップグレードを実現する場合は、vSphere Enteprise Plusのライセンスは必須になります。

 

vRealize Log InsightについてVxRailに含まれているコンポーネントでありますので、ここは有利点になるかと思っていますが、VxRail標準のLog Insightのライセンスではお客様の仮想マシンには適用されないとのこと。

 

RecoverPointに関しては、仮想マシン保護するための認定のソフトウェアです。DRを考慮したバックアップソフトウェアとしては非常に優れておりますが、VxRail上の仮想マシンのバックアップとして他のソフトウェアが認定されていないのは利便性に欠けるように思えます。(技術的には利用可能です)

バックアップのノードもDataDomainが推奨されておりますので、EMCの一括保守を考えると必須の構成であると考えます。

 

3.サービスレベルでの比較

ThinkAgile VX/VxRailについてのサービスレベルの比較をします。

【ThinkAgile VXシリーズ】

  • 米沢工場でのインストレーション
  • ThinkAgile Advantage (ハードウェア/ソフトウェア 一括保守)

【VxRail】

  • 海外ファクトリでのインストレーション
  • ハードウェア・ソフトウェア一括保守
  • ESRS(Dell EMC Software Remote Services)

 

インストレーションに関しては、Lenovoは日本国内のエンジニアが日本品質でテストを実施した上で出荷します。もちろん初期不良も日本で確認できます。

VxRailについては、海外でのインストレーションになりますので、海外品質の日本の納品されます。ここについてはお客様の考え方次第ですが、Lenovoとしては高品質のシステムはお届けすることをお約束できます。

 

次にDELL EMCにのみ含まれているESRSについてですが、リモートから保守できるサービスは非常に響きが良いと考えております。実際このサービスを日本で利用してお客様もいらっしゃると思われますが、一方でセキュリティの観点で導入されていないお客様もいらっしゃると考えられます。これはEMC社のバリューの一つであると考えます。

 

今回比較して思ったことは、DELL EMC社についてはVxRailは内容を見る限りValue Propositionがはっきりしているため、コンセプトを受け入れて頂けるとお客様には非常に受けが良いが、それに該当しない場合vSAN Ready Nodesを提案するという形で対応することができると考えます。

一方、レノボのThinkAgile VX と vSAN Ready Nodesは規模に関係なく、エンドユーザ向けの直接提案かパートナー様向けのパターン分けができているということの大きな違いがあると考えます。

また、同じvSANソリューションであることから、機能面で大きく違いが無いことも考慮すると、単なるHCIで比較するよりも、NutanixであればEnterprise Cloudでオンプレやハイブリッド環境でどのように利用していくのかを考えたり、VMwareであればSDDCを意識したインフラ提案(vRealize製品 や NSX等)を行うことが今後は重要になると思われます。

 

宜しくお願いします。

 

参考にした情報

http://www.fujitsu.com/jp/products/computing/integrated-systems/virtual/primeflex-vsan/feature/index.html#feature3

http://jpn.nec.com/express/catalog/hci.pdf

https://www.emc.com/collateral/technical-documentation/h15104-vxrail-appliance-techbook.pdf

https://community.emc.com/thread/230898

https://japan.emc.com/collateral/data-sheet/vxrail-datasheet.pdf

https://www.slideshare.net/naotakeyoshida1/emcvxrail

https://community.emc.com/community/support/japanese/blog/2014/03/01/esrs%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6-1