LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

HCIが向いている!向いていない!?ケースを考えてみよう

皆さん、こんにちは レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 小宮です。

 

今回はお客様からいろいろと要件を頂く中で本当にHCIが向いているのか?向いていないのかと思うようなことをまとめてみました。

参考になるかはわかりませんがご覧いただければと思っております。

 

1. 塩漬けするようなシステムはHCIには向かない??

 RFPなどを見てみると良く書かれているのが「システム導入後、5年間そのまま利用できること」なども文言が書いてあります。つまり一度導入してしまったら、リプレースが来るまで安定稼動の状態を保ちたい(アップグレードを失敗したリスクを怖い)ということからだと思われますが、本当にそれは良い方向に変わるのだろうか。

実際にVMwareを例にとって考えて見ましょう。

f:id:t_komiya:20180304002225p:plain

 こちらに記してみたのはESXのライフサイクルから見たリプレース計画です。つまり2013年に導入したお客様が2018年にリプレースを迎えるわけですが、実際にその間にバージョンは3つも変わっています。実際にバージョンアップによって得られるメリットはバグFIXもありますが、バージョンアップによるハイパーバイザーの高速化が見込まれることもありますので、実はそのメリットを利用しておらず損している可能性もあります。安定するシステムは確かに良いと思いますが、仮想環境であれば集約率やパフォーマンスは多少は考慮する事項であると思いますので、定期的なアップグレードは行うべきであると考えてます。

f:id:t_komiya:20180304003102p:plain

 これはハイパーコンバージドではなく3Tier構成(サーバ・ストレージ・ネットワーク)の構成においても同じことが言えますので、リプレース時にデータ移行作業が面倒にならなくするためにも、塩漬けシステムにしないほうが良いです。(塩漬けシステムでも対応可能ですが・・・)また、ハイパーコンバージドしておけばバージョンアップも容易になりますので、是非ご検討頂ければと思います。(図はNutanixですが、vSANも同様です)

 

2. ファイルサーバはHCIには向かない??

 この内容については、NutanixはAFS(Acropolis File Service)でファイルサービスを提供していることからファイルサーバも対応しています。一方vSANにおいてはCIFS、NFSは対応しておらずブロックのみです。そのため、ファイルサーバを構築する場合は仮想マシンでファイルサーバを構築するかストレージの機能(3Tierの場合)で実現するしかありません。

 ただし、通常のファイルサーバで構築した場合とHCIでファイルサーバを構築した場合にどのような違いがあるのか?を考えてみましょう。

f:id:t_komiya:20180304005820p:plain

こちらに思いつくまままとめて見ました。これだけを見ると圧倒的にNASのほうが機能的にも価格的にも優位になります。実際これをベースにファイルサーバを選ぶべきでしょうか?ファイルサーバはどちらかとパフォーマンスを必要とせず容量単価が安いもので選べばそうですが、たとえばVDIなどのソリューションで移動プロファイルの置き場や小規模ユーザの場合だと容量的にもファイルサーバを入れてもコスト的に問題なければそれは提案しても良いのではないかと思います。

価格メリットを出すのは非常に難しいだけであり、ファイルサーバが向かないわけではありません。提案シーンによってHCIでも是非ファイルサーバをご提案ください。

また、vSANであればLenovoで検証したvSAN NexentaStor on vSANがあります。このソリューションの場合、ReadパフォーマンスはすべてファイルサーバVMのメモリで吸収してしまうことからvSANのパフォーマンスに影響を与えにくいアーキテクチャになっているので、是非ご検討いただければと思います。

NexentaStor on vSANによる小規模向けVDIのファイルサーバの実現 - LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

 

3. HCIってパフォーマンス良くないの?

 パフォーマンスについては、システム全体で数値化するべきか仮想マシン一台あたりでどれだけ必要なのかを考えるべきであると考えます。

f:id:t_komiya:20180304015935p:plain

 たとえば、数十台の仮想マシンが入っている環境で1仮想だけあたり7万IOPSが必要なシステムがあった場合にどうなるかです。NutanixやvSANの場合、仮想マシンは1台のホストに載っているので、そのホスト上のリソースで処理しようとします。そのため、ローカルのSSDの領域を利用することになりますが、通常のラインナップの場合はSSDは2本のモデルが多いため、7万IOPSなどという高パフォーマンスの仮想マシンがある場合そのノードだけSSDの本数のノードが必要になります。 システム全体での要件であれば、HCIも一台あたりのSSDの本数から何ノードあるかでIOPSが算出できますので、もう少し構成が柔軟になります。

 逆に3Tier構成の場合は、必要本数だけアレイ内にSSDを搭載することでパフォーマンス要件を満たすことが出来ます。

 HCIでもパフォーマンス要件に対応することが出来ますが、実際にはコストに大きく跳ね返ることもあります。また、同一のスペックに揃えたほうが容量効率も良くなることを考えると一台だけスペックが違うというのは厳しいかも知れません。その場合は、実際に仮想マシンとしてスペックを満たす必要があるのかどうかも確認する必要がありますし、運用効率を上げたい場合は、逆にHCIで価値ある提案にしてみるほうが良いと思います。

 

こちらの話題については、今後また続編として執筆していければと思っております。

 

宜しくお願い致します。