LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

AHVの仮想ネットワーク設定について

皆さん、こんにちは レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 小宮です。

本日はAHVの仮想ネットワークに関してお話したいと思います。

 

仮想環境を構築するときに、仮想マシンが通信するネットワークを設定すると思います。今回はVMwareでの設定における内容とAHV上でどのように管理させるのかをご説明したいと思います。

まずは、VMwareで設定する場合について、以下でご説明したいと思います。

ESXのホスト上で仮想スイッチの設定する場合には、すべてのESXホストで同一の設定にする必要があります。

f:id:t_komiya:20180909155336p:plain

一つのホスト上に物事が完結するのであれば特に何も気にすることはありませんが、例えば仮想マシンをvMotionで他のホストに移動させる場合、移動先のホストで仮想マシンが接続する仮想スイッチが同じような設定がされていない場合、vMotionは失敗します。ESXのホストが台数が少なければ、まだ設定の修正をするのに時間はかかりませんが、台数が多い場合には骨が折れるような作業になります。

f:id:t_komiya:20180909155719p:plain

これを回避するために、すべてのホストの仮想スイッチ統合する機能として、分散スイッチ(Distribution Switch)を利用することがあります。これを利用することにより、すべてのホストの仮想マシンにポートを割り与えられ、アップリンクポートからどの物理ホストに割り振るかを設定することで、ホストを跨いだスイッチの管理ができるようになります。

f:id:t_komiya:20180909160541p:plain

設定についてはvCenterで簡単にできるようになっていますが、どのように仮想マシンを管理するのかを図式化しておかないと、管理者が変わる際にすぐに理解できないと思いますので、そのあたりは注意が必要です。

今お話した分散スイッチですが、標準で利用できるものではありません。小規模のユーザではスイッチの管理も難しくはないので、VMwareのライセンス体系では上位エディションに食い込まれています。

f:id:t_komiya:20180909160747p:plain

大規模(データセンター系)のお客様に非常に効果的なソリューションであると思います。非常に便利なこちらの機能ですが、NutanixのハイパーバイザーであるAHVではどうなっているでしょうか。

f:id:t_komiya:20180909160945p:plain

AHVでは、vDS(分散スイッチ)と同様の機能が標準で利用できるようになっています。しかもそれが自動管理で利用できるようになっています。そもそもNutanixについては、VMwareのように歴史が古いわけではありません。1Gのネットワークできめ細かにネットワークのサイジングをやっているVMwareに比べて、Nutanixは10GのネットワークでそのネットワークでvLANなどを設定して細分化するような形になっていることから、逆にネットワークが簡素化された状態で設定できるようになっています。そのため、仮想マシンの作成時にvLANを設定するとそれをすべての仮想スイッチに分散して設定できることから、Lenovoもしくは各社のスイッチなどでvLAN設定の自動化追加のソリューションなどにも対応できるようになっています。

先ほどお話したvMotionなどが失敗するような設定漏れなどもなくなります。

f:id:t_komiya:20180909161604p:plain

f:id:t_komiya:20180909161645p:plain

また、AHVでの仮想ネットワークには可視化する機能もあります。仮想マシンからどのホストのインタフェースからどのネットワークスイッチに接続しているのがすぐにわかるようになっています。また、ホスト上のBond設定についてもGUIで確認できるようにもなっているため、非常に使いやすくなっています。

 

ひと昔前まではAHVは「タダだけど、機能は限定されているからあまり使い物にならない」という話でしたが、ようやく機能も出揃ってきており、ここまで使えるのか!というレベルにまで来ております。画面イメージでこだわりを持たれる方もおられると思いますが、機能面で簡素化を望まれる方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

よろしくお願い致します。