LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

ADS(Acropolis Distributed Scheduler)に関して

皆さん、こんにちは レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 小宮です。

本日はNutanixのAHV上で仮想マシンのスケジューリングするADS(Acropolis Distributed Scheduler)のお話をしたいと思います。

本機能については、VMwareのことをご存知の方はお気づき方と思いますが、こちらはDRS(Distributed Resource Scheduler)と同様の機能だと思って頂ければと思いますが、機能は非常にシンプルになっています。 

Acropolis Distributed Schedulerについて 

f:id:t_komiya:20181002212903p:plain

ADSの目的は以下の通りです。

仮想マシンの初期配置

  • 新しい仮想マシンを最適なホストに配置する

ホスト内のリソースの競合を避ける

  • CPU(ホストのCPUが閾値85%を超えると移行が始まる)
  • ストレージコントローラ(CVMのCPUが閾値85%をStargateに使用されると移行が始まる)
    ABS(Nutanix Volume)も対象
  • ルール違反のスケジューリング
ホットスポットを検出するインテリジェントシステム
  • ホットスポットの回避
  • ワークロードの変化に反応しない

  • ワークロードに必要なリソースを確保
  • オペレータの介入なし
  • 負荷分散しない

仮想マシンのアフィニティポリシー

  • 選択したホストグループに仮想マシンを保持

仮想マシン間のアンチアフィニティポリシー

  • 異なるホスト上で仮想マシンの分離を保証

プロビジョニングした仮想マシンを最適なホストに配置して、ホスト内のリソース競合を避けるためようにすることが目的であり、VMwareのDRSのように細かな設定を行うことはありません。アフィニティポリシーについても非常にシンプルなものとして設定可能になっています。

また、仮想マシン起動時の初期配置および15分間隔で状態をチェックします。

 

 異常が見つかった場合は、次の方法で修復します。

  a)仮想マシン移行計画

  b)ABS iSCSIセッションの再指示

 

 異常検出

・15分毎

・ホストリソースが過負荷になっていないか確認する

  • 潜在的に十分なリソースを獲得できない仮想マシンがないとチェック

・ポリシーに違反していないかどうかをチェック

 

需要予測

・競合するノード上のリソースの需要予測が困難

・統計は現在どのくらいの割合で取得しているのか指定

・現在の値を選択すると、移行がたらいまわしにされる可能性があります

・現在の解決策は、コンバージェンスがより迅速になるように固定比率(+20%)で需要を拡大すること

 

ストレージCPUの計算

・Stargateはスレッドカウンターを発行

  • 各vdiskコントローラが費やした時間を指定(vdiskにマップされます)

・Vdiskカウンタは対応する仮想マシンおよびSoSANをターゲットに集約

・StargateのCPU使用率に基づく割り当て

・Storage CPU が通常の仮想マシンCPUに追加

  • I/Oヘビーな仮想マシンをコンピュートヘビーノードへの移行を妨げます
  • ハイパーコンバージド環境での特定が重要

 

VMwareのDRSと異なり、仮想マシンと合わせてストレージパフォーマンスをモデル化しません。

固定化されている機能であるため、特別にカスタマイズすることなく利用できます。

 

よろしくお願い致します。