LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

Nutanixが提供するコンテナプラットフォーム~Karbonのご紹介~

皆さん、こんにちは レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 小宮です。本日はNutanixが提供しているコンテナサービスのKarbonをご紹介します。

Karbonのことをご説明する前に、まずはコンテナとコンテナが必要な背景をお話したいと思います。

1.コンテナが必要な背景

f:id:t_komiya:20190413222737p:plain

Nutanixでは様々な機能を提供しています。ハイパーコンバージドインフラとして複雑さをなくし運用をシンプル化して高い俊敏性を兼ね備えてデータセンターのモダナイゼーションを実現しています。

Enterprise Cloudによりビジネスアプリケーションをできる完全一体型の単一ソフトウェアを提供していますし、オンプレミスとクラウド(Xi Cloud)を統合できる環境もすでに持っています。

今回のコンテナが関係するところについては、アプリケーションの開発者向けのプラットフォームの部分です。クラウド環境でアプリケーションを利用する場合、クラウド環境に適した環境でなければなりません。その場合に、従来型のようなスクラッチでの開発を行っていては、時間もお金もかかってしまうだけでなく、クラウド適した(俊敏性を要求される)環境には全く適しません。そこで、最新のアプリケーションとサービスを一つの環境で実行できるものとしてコンテナが必要となるわけです。

f:id:t_komiya:20190413223941p:plain

アプリケーションも進化しています。従来のアプリケーションは一つのモジュールで提供されていることからコードが複雑な構造になってしまい、アップデートや変更を行おうとするとすべての部分に影響が出てしまい、作り直しに手間がかかります。それによりテストの工数も増えてしまいインフラが俊敏性を兼ね備えてもアプリケーションが俊敏性を下げてしまう結果になります。

最近のアプリケーションはマイクロサービスと呼ばれるものに移行されています。マイクロサービスは、アプリケーションを複数のサービスに分割するため、アプリケーションの更新や変更が簡単になります。したがって、ビジネスの競争力を維持しながら更新が迅速に導入されます。

マイクロサービスにとって重要な要因となるインフラストラクチャのシフトがあります。それがコンテナです。

2.コンテナとはどういうもの?

f:id:t_komiya:20190413224450p:plain

コンテナと比較されるものとして、仮想マシンがあります。コンテナは仮想マシンに比べて、軽量であり、コンテナでホストOSをシェアできますし、OSを仮想化します。起動も早くメモリ消費も少ないのが特徴で持ち運びが非常に優れています。詳細はイメージをご参照ください。

3.コンテナのオーケストレーション

f:id:t_komiya:20190413224909p:plain

コンテナにはオーケストレーションが必要です。コンテナーオーケストレーションは、特に大規模で動的な環境において、コンテナーのライフサイクルを管理することがすべてです。ソフトウェアチームは、コンテナオーケストレーションを使用して多くのタスクを制御および自動化します。

・コンテナのプロビジョニングと配置

・コンテナの冗長性と可用性

・ホストインフラストラクチャ全体にアプリケーションの負荷を均等に分散するためのコンテナのスケールアップまたは削除

・ホスト内のリソースが不足している場合、またはホストが死んだ場合の、あるホストから別のホストへのコンテナの移動

・コンテナ間のリソース割り当て 外の世界を持つコンテナ内で実行されているサービスの外部への公開

・コンテナ間のサービスディスカバリのロードバランシング

・コンテナとホストのヘルスモニタリング

・アプリケーションを実行しているコンテナーに関連したアプリケーションの構成

4.Nutanix Karbon

f:id:t_komiya:20190413232958p:plainNutanix Karbonはお客様の環境を全体的にKubernetesクラスタを展開および管理するためのターンキーソリューションですKarbonはNutanixで上流およびネイティブのKubernetes機能を提供し、繰り返し作業を自動化し、複雑な作業を簡素化します。また、組織が自社のコード、コンテナ、およびアプリケーション開発にフォーカス できるようになりますf:id:t_komiya:20190413234116p:plain

 Karbonのメリットは使いやすく、管理しやすいプラットフォームにあります。インフラストラクチャと同時にライフサイクルを管理できるところ、サードパーティどのAPI連携できるのも特徴にあります。今後出てくる機能はAPI連携するものがリリースされる予定です。

.Kubernetes クラスタマネージャ

f:id:t_komiya:20190413234713p:plain

KarbonはPrism Centralで管理されるプラットフォームであり、Prismでのアラートやクラスタのヘルス管理も連携します。また、Karbon内部の解析も行うことができるようになるので、よりNutanixがインフラ(オンプレミスおよびクラウド含めて)アプリケーションの統合環境が実現されていくことになります。 

f:id:t_komiya:20190413235129p:plain

従来型のアプリケーションとクラウドネイティブのアプリケーションをNutanixで統合管理することができます。これにより、アプリケーションにとって望ましい環境でコンピュート環境を提供されることになります。

.Karbonでできること

f:id:t_komiya:20190413235610p:plain

Karbonを利用することで、Calmで作成するBlueprintは仮想マシンとコンテナの両方をサポートします。K8sのAPIはサードパーティとも連携し、統合したライフサイクル管理を実現します。 

f:id:t_komiya:20190413235814p:plain

Karbonを利用することで、LCM(LifeCycle Management)でファームウェアのみならず、マイクロサービスもまとめてアップグレードします。これにより、Era、Calm、Filesなどのアプリケーションも合わせてアップグレードされます。(今後これらがマイクロサービスで提供されるようになります)

 

今後はコンテナプラットフォームへの対応がNutanixで移行が進んでいくようになります。これによりインフラストラクチャとアプリケーションがもっと連携するような基盤がNutanixで出来上がっていくと思われます。

 

以上、よろしくお願い致します。