LTN Blog 〜 Lenovo Technology Network 〜

レノボのソリューション・サーバー製品に関する技術情報、お役立ち情報をお届けします

Nutanixの用語を覚えてみよう!~Nutanixの構成要素について~

皆さん、こんにちは レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ 小宮です。本日はNutanixの基本的な用語について説明します。新入社員が入ってきてこれからNutanixを覚えようという人もいらっしゃいますので、Nutanix Bibleもいいけれどこちらのサイトも是非参考資料としてみて頂ければと思います。

 

1.Nutanixの用語について

f:id:t_komiya:20190429231944p:plain

Nutanixを構成する用語ですが、これらの用語です。それぞれの用語について一つずつ説明していきたいと思います。

・ノード

ノードはNutanixクラスタの基本単位になります。各ノードは標準ハイパーバイザーを実行し、SSDとHDDストレージの両方で構成されたプロセッサー、メモリー、およびローカルストレージを含みます。

・ブロック

ブロックは、最大4つのノードを含むNutanixのラックマウント型ユニットです。(2U4Nodesの高密度サーバーが対象になります)

・クラスタ

クラスタはAcropolis Distributed Storage Fabric(DSF)を形成するNutanixブロックとノードのセットです。

・データストア

データストアは仮想マシン操作に必要なファイルの論理コンテナです。

・vDisk

vDiskは仮想マシンにストレージを提供するコンテナ内の使用可能なストレージのサブセットです。コンテナがNFSボリュームとしてマウントされている場合、そのコンテナー内のvDiskの作成および管理はクラスターによって自動的に処理されます。

・コンテナ

コンテナはストレージプールの論理的なセグメンテーションで、仮想マシンまたはファイルのグループ(vDisk)を含みます。コンテナは通常、NFSデータストアまたはSMB共有の形式で共有ストレージとしてホストにマッピングされます

・ストレージプール

ストレージプールとは、クラスタ用のSSDやHDDなどの物理ストレージデバイスのグループです。ストレージプールは複数のNutanixノードにまたがることができ、クラスターの規模が拡大するにつれて拡張されます。

・ストレージティア

ストレージティアでは、MapReduce階層化テクノロジを利用して、データを最適なストレージ階層(フラッシュまたはHDD)にインテリジェントに配置し、最速のパフォーマンスを実現します。

 

ここには記載はありませんが、AOS5.9からブロックの集合体でRackという概念があります。詳しい内容について過去のブログの方を参照して頂ければと思います。

https://blog.lenovojp.com/entry/2018/10/07/022932

2.ノードについて

f:id:t_komiya:20190429232609p:plain

仮想マシンのホストのことを指しますが、Nutanixは通常のラックサーバと高密度のサーバーで構成されるため、それぞれのハードウェアでわかりやすく示してみました。高密度サーバーでは、筐体の中に収納されている一台のサーバーになります。

3.ブロック・クラスタについて

f:id:t_komiya:20190429232937p:plain

ブロックについては先に説明した通り、高密度サーバーのみに適応される概念です。4ノードを一つのブロックとして扱います。もちろん、筐体障害の場合はシステム停止になったりします。そこで、複数の筐体にまたがってデータを格納する方式(Block Awareness)を採用することが多いです。

4.Prism上での画面イメージ

f:id:t_komiya:20190429233656p:plain

Prism上からの画面で説明します。ハードウェアのメニューからDiagramを選択するとNutanixのクラスタを形成しているハードウェアが表示されます。(今回は2U4Nodeの筐体に3台分しか表示されておりませんが)

今回の構成では、クラスタとブロックが同じ枠で囲われておりますが、ノード数が多ければクラスタは組んでいる構成で表示されます。

青色で表示されているところはDiskになりますが、コンポーネントに障害が起きていれば、該当のパーツが赤く表示されます。

5.Distributed Storage Fabric

f:id:t_komiya:20190429235655p:plain

Nutanixのノードがグループとなって、分散ストレージファブリックを形成されます。この分散ストレージがハイパーバイザーを動作させる基盤になり、またi/Oはローカルで処理された後に、データの冗長化を保つためにデータを分散配置します。

6.データの構造

f:id:t_komiya:20190430000004p:plain

DSFのデータ構造はこのようなイメージで構成されます。物理ディスクグループのストレージプールを作成され全体の容量が定義されます。そこからコンテナを定義して使用可能な領域を定義して、コンテナ内にvDisk(仮想マシン用の領域)を割り当てます。こちらについては、ハイパーバイザーによって、サポートするプロトコルも異なりますので、ご注意下さい。AHVについてはiSCSIになります。

f:id:t_komiya:20190430000642p:plain

ストレージについて画面イメージをこちらに載せておきます。ストレージメニューからTableを選択します。ストレージプールを選択すると、テーブル情報とサマリ情報が表示されます。こちらで、ストレージプールやコンテナの情報が確認できます。また、データをExportすることもできます。

 

以上、Nutanixの構成要素の説明を終わります。

 

よろしくお願い致します。